綾瀬はるかは運動神経がいいと話題!アクション演技や筋トレ方法を調査

綾瀬はるか 本名 実家 兄

映画『ICHI』で女座頭市を演じた綾瀬はるかの殺陣は実に見事なものでした。

スタントマンは使ってないんです(@@;)

今や日本芸能界で1番アクションが上手い女優と言っても過言ではありません。

普段はほんわかした天然のイメージなので、これぞギャップ萌えですよね。

動きがキレッキレで女性から見ても惚れ惚れするくらいかっこいいです。

綾瀬はるかのアクション演技が見れる作品とその評判をまとめました。

綾瀬はるかの筋トレ方法も調査しました!

綾瀬はるかは運動神経がいいと話題!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

綾瀬はるかさん バスケット🏀 😊👍✨✨ #綾瀬はるか さん

Yukinori Haraguchiさん(@y_haraguchi)がシェアした投稿 –

綾瀬はるかの本名は蓼丸綾です。

蓼丸は『たでまる』と読むのですが、忍者っぽくてかっこいいですよね。

子供の時は男の子と元気に遊び回る女の子で、まさにおてんばだったそうです(^^)

中学生時代はバスケ部に所属し、足が速いので先生から誘われて駅伝大会にも出場していました。

中学校では走るのが1番速かったそうです。

50m7秒台だったみたいですΣ(Д)

高校時代は堀越高校に転校するまでは陸上部に所属していました。

綾瀬はるかはおっとりした雰囲気ですが、実はとても活発で運動神経が良いことが分かりますね。

綾瀬はるかのアクション演技の評判は?

綾瀬はるかのアクション演技が見れる作品とその評判についてまとめました。

【奥様は、取り扱い注意】

 

201710月〜12月まで放送された日テレ系水曜ドラマです。

最終回では旦那役の西島秀俊との死闘が繰り広げられました。

このドラマによりあらためて綾瀬はるかのアクションの演技力が高く評価されました。

でもその一方でバラエティー番組などで見せる天然キャラは偽装だとの声も多くあがることになってしまいました(^o^;)

【僕の彼女はサイボーグ】

 

20085月に公開された映画です。

綾瀬はるかの初の本格アクションとなる映画です。

ハードなアクションがてんこ盛りでしたが、綾瀬はるかはアクションは苦にならなかったと語っています。

運動神経が良いため難しいアクションの飲み込みが非常に早かったことが分かります。

I CHI

200810月に公開された映画です。

座頭市の主人公を女性に置き換えたリメイク映画です。

殺陣の美しさは近年まれにみるものだと綾瀬はるかの殺陣シーンは非常に高く評価されています。

スタントマンを使っていないとのことです。

綾瀬はるかの運動神経の良さには驚くばかりですね。

【八重の桜】

20131月〜201312月まで放送されたNHK大河ドラマです。

射撃や高いところから飛び降りるシーンもあったりと本格的な時代物アクションドラマでした。

視聴率はいまひとつ伸び悩みましたが、女性が主役ながらスイーツ大河にならなかったと綾瀬はるかの演技力は評価されています。

【精霊の守り人】

201711月から放送されたNHK大河ファンタジーです。

綾瀬はるかは短槍使いの女用心棒バルサを演じました。

短槍を手に男性とスピーディーな戦いを繰り広げる綾瀬はるかに称賛の声が集まりました。

綾瀬はるかはこの作品で『ベストアクション女優賞』を受賞しています。

綾瀬はるかの筋トレ方法を調査

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka Ayase – #harukaayase #harukaayaseedit #綾瀬はるか #ayaseharuka #actress #actresses #japan #japanese

the actress archiveさん(@actressarchive)がシェアした投稿 –

綾瀬はるかは万全の筋トレを半年間行い『精霊の守り人』の撮影にのぞんだとインタビューで答えています。

その筋トレ内容がアスリート並みにハードです(@@;)

綾瀬はるかは見事肉体改造に成功し、二の腕が馬の脚のように筋張ったと語っています。

綾瀬はるかが役作りのために行った筋トレは腕立て200回と腹筋30回を5セット!

腕立てふせはおそらく連続200回なのでしょうΣ(Д)

それに加え精霊の守り人の撮影の半年前から殺陣の訓練も始めていたそうです。

ハードすぎる自主筋トレと殺陣の訓練を半年間行い、女用心棒バルサが誕生したということになりますね。

まとめ

いかがでしたか?

綾瀬はるかは運動神経の良さと訓練により見事アクション女優の地位を築き上げました。

今後出演する作品も楽しみですね♪

最後までお読みいただきありがとうございました。